ニュース

8月25日(土)に「かがやき16周年記念文化祭」を開催します。

参加費無料ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

日時:8月25日(土)10:00~16:00

会場:江戸一万来館(綾瀬駅西口から徒歩5分)

詳しくはこちらをご覧ください。 


「手話・コミュニティ」へのリンク

「手話」の仲間が集まる数少ないコミュニティです。

「かがやき夢工場・就労支援」へのリンク

聴覚障害者を中心とした就労継続支援B型施設です。

「イベント・講座・研修」へのリンク

個人のパソコン学習・企業研修・公開講座などを開催しています。

「ニュース・メディア」へのリンク

メディアでの紹介、海外からの訪問、そして「かがやき」からの発信はこちら。



「かがやきインフォメーション」更新情報

【今年は8/25(土)に開催】かがやき16周年記念文化祭のご案内 
>> 続きを読む

【手話ニュース更新】「夢工場イベントレポート・木崎湖キャンプ&カヌー」、「16周年記念文化祭の準備・団扇(ウチワ)作りの様子」
>> 続きを読む


【手話&字幕】「かがやき手話ニュース」(毎週金曜更新)

1、渡辺貴子さんの「手話で学ぶノートブック講座」 

2、夢工場の東聴連相談会

過去のかがやき手話ニュースはこちらでご覧下さい。


 私たちかがやきグループは、2002年8月「聞こえなくても安心の情報保障かがやきパソコンスクール」を開校して以来、一貫して誠心誠意、人材育成を通じた聞こえない仲間の自立支援と社会参加の促進に取り組んでいます。 

  

 2012年には「聞こえなくても安心して働ける場所:かがやき夢工場(就労継続支援B型施設)」を開設、聴覚障害者の就労支援・スキルアップを目標として委託作業・自主製品開発を進めるほか、社会見学・スポーツ体験・芸術鑑賞等のイベントを開催し、広い視野を持つ人材の育成に取り組んでおり、その様子はかがやき手話ニュース・かがやきチャンネル・メールマガジン等を通して発信しています。 

 

 2013年には山梨県に「聞こえない人の自然とのふれあい、無農薬による食の安全を確保する場所:かがやき夢農場(就労継続支援B型施設)」を開設、聴覚障害者が自然に触れ、自然に学ぶだけでなく、無農薬栽培を通じて食の安全にも目を向ける人材の育成にとりくみました。その中で高齢化する農家の悩みをお聞きし、聴覚障害者による「聞こえないけど、それなりに」の社会貢献が出来るのではとの考えから、東京の夢工場の希望者を田植え、収穫という農家の繁忙期に出張支援を行う取り組みも続けています。この取り組みは農家の皆さまからの評価も高く、高齢者農家と良い関係を築くことができています。2018年からは夢工場の近くに畑を借り、無農薬野菜の栽培を始め、野菜を育てることで、自然とのふれあいや食の安全意識の促進を図っています。

  

 かがやき夢工場では、「聞こえない人も聞こえる人も楽しく交流できる場」として、「手話」を主体とした酒話サロンや、手話サークルを定期的に開催し、かがやき夢農場とのテレビ電話も活用して盛り上がっています。聴覚障害者を対象とした就労支援等の取り組みは、色々なメディアでも紹介され、日本だけでなく海外からの視察もあり、外国の研修生への手話によるパソコン講習も行っています。 

   

 「手話」の仲間が集まる「かがやきグループ」では、一緒に活動していただける新しい仲間を募集しています。

「かがやき夢工場」を利用したいという聴覚障害者の皆さんだけでなく、スタッフとして聴覚障害者を支えたい、習得した手話のスキルを維持・向上したい、都合つく時間だけボランティアとして協力したい、かがやきグループの考えに賛同されて「かがやき夢工場」へ作業を依頼したい等、どんなことでも結構ですので、お気軽にお問合せください。

見学も随時行えますので、ご連絡をお待ちしています。